海外との価値観の差?国内では普通に売ってる『CHAOS;HEAD NOAH』、販売認められずSteam発売中止に

RSS

海外との価値観の差?国内では普通に売ってる『CHAOS;HEAD NOAH』、販売認められずSteam発売中止に(Game Spark)

[MARKOVE](写真:Game*Spark)スパイク・チュンソフトは、10月8日に配信を予定していた『CHAOS;HEAD NOAH』Steam版の配信が急遽取りやめになったことを明らかにしました。 【画像 全4枚】海外では署名活動も 公式発表文によると、Steamでのリリースにはガイドラインに基づき内容の変更が必要となり、ゲームの基準を満たすことができなくなるため発売を取りやめにしたといいます。海外ニンテンドースイッチ版は予定通り発売されますが、PC版は別の販売方法を検討中で、詳細が決まり次第正式発表を行うとのことです。 本作は、2008年に発売された『CHAOS;HEAD』に追加要素を加えたコンソール版。引きこもり一歩手前の高校2年生、西條拓巳をはじめとした、妄想を現実に変えられる能力を持つ少年少女が陰謀に立ち向かう物語が展開されます。 初めにXbox 360向けにリリースされた後、PSP/PS Vita/PS3/ニンテンドースイッチ/iOS/Androidなどに配信されています。『STEINS;GATE』などで知られる「科学アドベンチャーシリーズ」の第1弾作品です。 本作の特徴として「妄想トリガー」と呼ばれるシステムがあげられ、妄想することでストーリーが分岐。中には性的なものや暴力的・グロテスクなシーンが含まれています。Steam版が配信中止になった理由について詳しくは明かされていませんが、未成年(高校生)のキャラクターが凄惨なシーンや性的なシーンに登場することがSteamのガイドラインに抵触したため、変更を求められたと考えられます。 なお、国内のXbox 360、PS Vita、スイッチ版はCERO区分Z(18歳以上のみ対象)で販売。PSP/PS3版は表現規制が行われているほか、スイッチ版はCERO:Zにもかかわらず、一部シーンがオミットされたPSP/PS3版準拠であるとの報告もされています。 署名活動サイト「Change.org」ではValveに対し、本作の配信を認めるように求める活動が実施中。この署名の中ではスイッチ版はレーティング機構であるESRBをMature(17歳以上)、PEGIを18+で通過しているほか、GameStopやWal-Martといった小売店でも販売を決定している中で、Steamが唯一そのままでの販売を拒否していることに異議を唱えています。また、同社に対し「アニメスタイルのコンテンツをリリースする際、基準が一貫していない」「不当なビジュアルノベル禁止令」と審査基準を批判しました。Game*Spark みお[/MARKOVE]

記事元で全て読む

みんなの反応

[getswin use_title=”1″]
RSSゲーム情報
スポンサーリンク
ゲーナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました