『遊戯王クロスデュエル』は実質『シャニマス』!?好感度要素にプレイヤー大爆笑

RSS

『遊戯王クロスデュエル』は実質『シャニマス』!?好感度要素にプレイヤー大爆笑(インサイド)

[MARKOVE](写真:インサイド)新たにリリースされた『遊戯王』のスマホアプリ『遊戯王クロスデュエル』。プレイヤー4人による同時対戦や巨大ボスとのレイド戦など、今までにない『遊戯王』を体験できるゲームとして注目を集めています。そして一部では、某アイドル育成ゲームを思い起こさせるといった声も上がっているようで…? 【画像】ピンクでシュールな演出に思わずニヤけてしまう…! KONAMIは9月6日、スマートフォン用アプリ『遊戯王クロスデュエル』の配信を開始しました。同作は、『遊戯王』のゲーム史上初となる「4人全員が敵となるバトルロイヤル戦」を基本ルールとして採用。 レーン上のモンスターを敵陣に侵攻させ、逆に敵の侵攻から自陣を守るという、タワーディフェンスゲームの要素も取り入れ、今までにないゲーム体験を味わえるゲームとなっています。 また、同作には原作やアニメのキャラクターたちが多数登場。彼らの個性的な台詞やボイスがデュエルを盛り上げてくれるという、ファンにとっては嬉しい要素も充実しています。 特に原作やアニメファンの注目を集めていたのが、「好感度」要素。これは原作キャラをタッグパートナーに設定した状態でデュエルを行うと、そのキャラクターの信頼度ptが上昇するというもの。 一定以上信頼度ptが貯まると好感度レベルが上昇するのですが、その光景が非常にシュール。画面下部全体が桃色に光り、ふわふわ~っと白い玉が浮かび上がってきます。 好感度上昇時には、キャラクターがそれぞれ固有の台詞で喜びを分かち合ってくれるという要素も。「遊戯王」のキャラクターには素直でない性格のキャラクターが多いため、「うるせぇ奴だ…」「フ…この程度は想定内…」と、とても喜んでいるとは思えない台詞も見受けられます。 中には「そろそろ他のパートナーを探したらどうだ…」と、タッグ替えを提案してくるキャラまで…。しかしファンは彼らのぶっきらぼうな台詞から、確かな喜びの感情を感じているようです。 ギャルゲー要素も楽しめる『遊戯王』 好感度上昇画面のシュールさが大きな話題になっており、一部では人気アイドル育成ゲーム『アイドルマスター シャイニーカラーズ』に似ているといった声も。ネット上には、「好感度上がる演出でピンクに光るの笑う」「クロスデュエル、実質シャニマスで大爆笑してる」「クロスデュエルがシャニマスって言われてて腹筋が死んだ」などのコメントが寄せられていました。 余談ですが、『遊戯王』のゲームに「好感度」要素が導入されるのは今回が初めてではありません。主にPSP用ソフトとしてリリースされていた『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ タッグフォース』シリーズにも、好感度要素があったのです。 同シリーズにはプレゼントによる好感度管理やフラグの概念、個別エンディングなど、いわゆる“ギャルゲー”のような要素がふんだんに盛り込まれており、“デュエルができるギャルゲー”などとも呼ばれていました。 そのため今回『クロスデュエル』で好感度要素が実装され、『タッグフォース』を思い出したという人も多かったようですね。 新しいデュエル体験やキャラゲー要素もあり、同じくスマホアプリの『遊戯王 マスターデュエル』とはまた違った人気が出そうな『クロスデュエル』。現在スタートダッシュキャンペーンも実施中なので、この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。インサイド サワディ大塚[/MARKOVE]

記事元で全て読む

みんなの反応

[getswin use_title=”1″]
RSSゲーム情報
スポンサーリンク
ゲーナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました