「コン」の虐待がやめられない『FGO』声優陣、握っては戻るを繰り返し「一生遊べる」と激押し─「持って帰ろうとしたら怒られた」

RSS

「コン」の虐待がやめられない『FGO』声優陣、握っては戻るを繰り返し「一生遊べる」と激押し─「持って帰ろうとしたら怒られた」(インサイド)

[MARKOVE](写真:インサイド)「京都国際マンガ・アニメフェア2022」のステージイベント「Fate/Grand Order カルデア・ラジオ局 Plus 出張版 in 京まふ2022」に、高橋李依さん、田中美海さん、大久保瑠美さんが登壇。『Fate/Grand Order』(以下、FGO)に関するユニークな企画やトークで、花を咲かせました。 【画像】ギュッと握られるコン…!手を離せば、「戻るんだねぇ~」 その中で、それぞれの席に置かれた「コン」を手に取り、3人そろって歓喜の声を上げる一幕が。「コン」は、『FGO』で行われたイベントのひとつに登場したキャラクターで、マスコット的な見た目と可愛い言動で当時人気を博しました。 その「コン」をモチーフに、もちもちで触り心地の良いスクイーズマスコットを製作。「元気なコン」「陽気なコン」「健気なコン」の3種類が用意され、その愛らしさに3人とも早速骨抜きにされてしまいます。 しかもこの「コン」はスクイーズなので、力を込めるとぐにゃっと変形しますが、手を離せばあっという間に元通り。そのため、大久保さんが「むっぎゅ~」(声付き)と「コン」を握りつぶすと、「ああ!」「そんな!」と高橋さんと田中さんが慌てた声を上げますが、手を離すとすっかり元の姿に。「戻るんだねぇ~」と大久保さんが呟き、この繰り返しで一生遊べると力強く押す姿を見せました。 続いて田中さんも「コン」を握りしめ、「どうして潰すのー!?」と2人が叫びますが、にっこり笑顔と共に手を開くと「コン」もにっこり。同じく「戻るんだねぇ~」と言葉を添え、一生できる遊びを再演してくれました。 なお、スクイーズマスコットの「コン」は、本日9月17日から10月2日にかけて「ANIPLEX+」にて注文を受け付けています。受注生産商品なのでまだ本格的な生産は始まっておらず、3人が手にした「コン」は数が限られている現物品。そのため、「持って帰ろうとしたら怒られました」と大久保さんがコメントし、笑いを誘います。 なお、以前のイベントで川澄綾子さんが手にし、そこでも“むぎゅっと”された「コン」と、今回高橋李依さんが握っている「コン」は、同一とのこと。人気の女性声優に次々と握りつぶされているコン、次は誰の手に収まるのでしょうか。この「コン」が欲しい方は、「ANIPLEX+」をチェックしましょう。インサイド 臥待 弦[/MARKOVE]

記事元で全て読む

みんなの反応

[getswin use_title=”1″]
RSSゲーム情報
スポンサーリンク
ゲーナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました