TGSで、騎手になってきました―“乗馬VRゲーム”や扇子を使った“陰陽師ゲーム”など、学生による秀逸ゲームをピックアップ!【TGS2022】

RSS

TGSで、騎手になってきました―“乗馬VRゲーム”や扇子を使った“陰陽師ゲーム”など、学生による秀逸ゲームをピックアップ!【TGS2022】(インサイド)

[MARKOVE](写真:インサイド)2022年9月15日に開幕を迎えた「東京ゲームショウ(TGS)」では、ゲーム制作やアニメーションについて学ぶ学生たちの作品を体験できる「ゲームスクールコーナー」が設置。学生ならではの発想で作られた多種多様な作品が出展されており、ゲームを制作した生徒自身から、その説明を聞くことができます。今回はそんな「ゲームスクールコーナー」の中から、扇子や障子といった意外なアイテムを使ったゲームや乗馬VRゲームなど、生徒のアイデアが光る作品を試遊してきたので、ご紹介します。 【画像全14枚】コントローラー付きの“ムチ”で馬を叩き加速する「乗馬VRゲーム」 ◆北海道情報専門学校:ウマウマ!ダッシュフェスティバル 本ゲームは、馬を模したインパクト強めな乗り物に乗り、VR世界にて実際の騎手としてレースに挑戦するというもの。コントローラーの付いた鞭で馬のお尻を叩くと、乗っている馬はスピードアップします。馬の体力に気を配りつつインコースを狙うのが案外難しく、筆者のレース結果はビリに終わりました。 ゲームを制作した生徒さんに発想のきっかけを伺ったところ、「馬の育成ゲームや競馬ゲームはあるけれど、実際に馬に乗るゲームって少ないなと思って」とのこと。“本物の騎手”のような気持ちでゲームを楽しめることが、本ゲームにおける1つの魅力になっています。 ◆愛知工業大学:扇義 陰陽道中 本ゲームは、意外な日常のアイテム「扇子」を使って敵を倒していくというもの。センサーに扇子を感知させ、正しい図形を描くことで、迫り来る敵をバッサバッサと倒すことができます。扇子を持って敵を倒した際は、まさに陰陽道を極めた異能力者のような気分に。 ゲーム制作を担当した生徒さんによると、制作のきっかけは「扇子を使いたい!」という1人の発言だったよう。“やりたいこと”と“技術力”のギャップに悩んだこともあったといいますが、複数人の力を合わせて1つのゲームを完成させていました。 ◆日本工学院・東京工科大学:Modicter 本ゲームのテーマは“文字”、主人公はエイ…のような見た目の“本”。アイテムを駆使して探索や戦闘を行う「3D文字能力変化アクション」となっています。ゆるゆると動く本が可愛らしく、いつまでも見ていられました。 制作を担当した生徒さんにお話を伺ったところ、“文字”というテーマに合わせて「アイテムの文字と効果を連動させている」といいます。例えば「大」という文字のアイテムを獲得すれば、プレイヤー(本)の体も巨大化するとのこと。発想と想像力の豊かさが、本ゲームをより光るものにしていますね。 この他にも、学生によるセンスの光るゲーム作品が盛り沢山。気になった方は是非とも「ゲームスクールコーナー」に足を運んでみてください。そして最後に、ご協力くださった生徒の皆さん、ありがとうございました!インサイド おおなっぱ[/MARKOVE]

記事元で全て読む

みんなの反応

[getswin use_title=”1″]
RSSゲーム情報
スポンサーリンク
ゲーナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました