オープンワールドマルチプレイRPG『Rune Teller』―『Valheim』『Outward』を楽しんでいる人に遊んでほしい【開発者インタビュー】

RSS

オープンワールドマルチプレイRPG『Rune Teller』―『Valheim』『Outward』を楽しんでいる人に遊んでほしい【開発者インタビュー】(Game Spark)

[MARKOVE](写真:Game*Spark)気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、CODELIFE Studio開発、PC(Windows//Mac/Linux)向けに8月19日に早期アクセスが開始されたオープンワールドマルチプレイRPG『Rune Teller』開発者へのミニインタビューをお届けします。 【画像全5枚+映像1本】広大な世界Runegeaを冒険するマルチプレイオープンワールドRPG 本作は、広大な世界Runegeaを冒険するマルチプレイオープンワールドRPG。戦闘や探索だけでなく、様々なアイテムを採取してクラフトも可能です。早期アクセス中ですが、エンディングまで到達可能。記事執筆時点では日本語未対応です。 『Rune Teller』は、2,050円で早期アクセス配信中。 ――まずは自己紹介をお願いします。一番好きなゲームは何ですか? CODELIFEこんにちは!2人で活動しているインディーゲーム開発チームのCODELIFEです。私たちは2人ともMMORPGのゲームサーバープログラマーとして5年ほど仕事をしていました。私たちはPC、PlayStation、Xbox、任天堂のゲームを楽しみ、特にRPGをプレイすることが多いです。(例えば、『ゼルダの伝説』シリーズ、『モンスターハンター』シリーズ、『ダークソウル』シリーズ、『スカイリム』『Valheim』『Outward』『Divinity』シリーズなど) ――本作の開発はなぜ始まったのですか? CODELIFE私たちはいつもSteam上のゲームを楽しんでいましたので、Steam上でユーザーとコミュニケーションを取りたいと思っていました。私たちの好きなゲームはRPGなのですが、韓国ではそれほど多く開発されていないことから、そのようなゲーム開発に携わることは難しかったのです。また、私たちは幼い頃に自分たちでゲームを作り、リリースしたいという思いがあったことから、開発チームを結成しました。 ――本作の特徴を教えてください。 CODELIFE私たちは2人ともサーバープログラマーでしたので、私たちが好きなRPGというジャンルにマルチプレイ要素を追加したいと思いました。(『ゼルダの伝説』『スカイリム』などにマルチプレイ要素があったらどんなに楽しいものかと思いませんか?) シームレスなオープンワールドは、マルチプレイでの没入感を上げるために採用しました。協力プレイは3つの武器を使うことでわかりやすい個性を出しています。(もちろん1人でもプレイできますよ!) ――本作はどんな人にプレイしてもらいたいですか? CODELIFEインディーゲームにとって、RPGというのは大きなチャレンジでもあるジャンルです。そのせいで新しいゲームが出るのに時間がかかるのだと思います。本作が他の素晴らしいゲームとゲームの間にあるオアシスのような存在として楽しんでいただけると嬉しいです。そのため、RPGをたくさん遊んでいる人や、Steamで『Valheim』や『Outward』のようなインディーRPGを楽しんでいる人に遊んでみていただきたいですね! ――早期アクセスはどれぐらいの期間を予定していますか?今後どのような要素が追加されるのですか? CODELIFE多くの早期アクセスゲームでは、正式リリースまでエンディングにたどり着くことができません。そんな中、本作はまだ早期アクセス中ですが、エンディングを見ることができます。また、現時点で30~40時間は遊ぶことが可能です。ユーザーからのフィードバックを基に少しずつ改善をおこなっており、すべての改善が終わりましたら、「ニューゲーム+(2周目、3周目のプレイ)」と「エンドコンテンツ(新しいボスバトル)」を追加し、正式版とする予定です。2022年中には正式リリースできることを目標としています。 ――早期アクセスとしてリリースしてみた感想を聞かせてください。 CODELIFEインディーゲームの開発にとって、早期アクセスはとても良い選択だと思います。多くのユーザーのおかげで、少ない人数では不可能なことが可能になるのです。現在、本作は「非常に好評」を獲得していますが、ユーザーとのコミュニケーションなしで正式リリースしていたら、「不評」という評価になっていたかもしれません。まずはユーザーへの信頼が第一で、これができれば、ユーザーも開発者も満足のいく結果になるのではないでしょうか。 ――本作が影響を受けた作品はありますか? CODELIFE上でも述べたように、私たちはJRPGと西洋RPGのあらゆるものから影響を受けています。武器の耐久性のクラフトデザインは『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』をプレイしていた時に思いつきましたし、アクションは『モンスターハンター』と『ELDEN RING』から影響を受けています。 しかし本作独自の色を出すため、あらゆるものがマルチプレイを念頭に検討されています。また、他のソウルライクとは異なり、基本となるアクションよりもスキルアクションが重要になっています。私たちは素晴らしいゲームをたくさん遊び、自分達の好きな部分を本作に溶かし込んでいったのです。 ――本作の日本語対応予定はありますか?有志翻訳は可能ですか? CODELIFE日本にはたくさんのRPGファンがいると思いますので、日本語対応については考えています。日本は韓国にとって一番近い国でもありますしね。 一番良いのは、自分達で翻訳をすることだと思います。しかしそれが難しければ、Steamコミュニティか公式Discordでユーザーに翻訳をお願いすることとなるでしょう。ぜひDiscordで皆さんの意見をお聞かせください。 ――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか? CODELIFE私たちは2人だけの開発チームですので、コロナ禍では2人とも自宅から作業をしていました。開発には影響ありませんでしたが、開発関連の打ち合わせが延期してしまうことはありました。多くの人が新型コロナにより大変なこととなり、暮らしに変化が生じてしまったと思います。被害を受けてしまったすべての人に、サポートのメッセージを送りたいです。 ――本作の配信や収益化はしても大丈夫ですか? CODELIFETwitchやYouTubeで本作を配信していただけると、とても嬉しいです。インディーゲームで難しいのは、開発よりもプロモーションだと思っています。しかし本作のプレイ時間は長くなるので、配信には向かないかもしれませんね。でも先に進めば進むほど面白くなってくるので、ぜひやってみていただきたいです! ――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。 CODELIFEこんにちは!私たちは韓国人ですが、『ゼルダの伝説』シリーズ、『モンスターハンター』シリーズ、『ダークソウル』シリーズなどといったJRPGを楽しんでいます。私たちのゲームはこれらの作品から影響を受けていますので、このような作品を皆さんに披露することができ、とても嬉しいです。 多くの韓国人がPlayStationやニンテンドースイッチで日本のゲームを楽しんでいるということを知っていただきたいですし、本作を皆さんに楽しんでいただけると嬉しいです。(Steamレビューもぜひ書いてくださいね!) ――ありがとうございました。 ◆「注目インディーミニ問答」について 本連載は、リリース直後のインディーデベロッパーにメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に500を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。Game*Spark Chandler[/MARKOVE]

記事元で全て読む

みんなの反応

[getswin use_title=”1″]
RSSゲーム情報
スポンサーリンク
ゲーナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました