ロシア軍に撃ち込む砲弾に好きなメッセージを書き込めるキャンペーンが物議…ウクライナのゲームスタジオによる過激な意趣返し

RSS

ロシア軍に撃ち込む砲弾に好きなメッセージを書き込めるキャンペーンが物議…ウクライナのゲームスタジオによる過激な意趣返し(Game Spark)

[MARKOVE](写真:Game*Spark)ウクライナのゲームスタジオFrogwaresが、まもなく募集を終了する『Sherlock Holmes The Awakened』のKickstarterの締めくくりに、ロシア軍に対して発射する152mm榴弾砲に好きなメッセージを書き込めるキャンペーンを行っています。 【画像】『Sherlock Holmes The Awakened』のFrogwaresが実施。批判の声も上がっています 当該キャンペーンはKickstarterとは関係なく、ツイートをいいねとリツイートしたユーザーからランダムに3名が選ばれます。チームの承認が得られれば、メッセージの内容はどんなものでも構わないそうです。Kickstarterは「武器・武器になりうるもの・それ等に関連した周辺機器」を禁止項目としており、実際にKickstarter上ではゲームに関連したリワードのみが設定されています。 これに対して、海外のゲームメディアなどからは「冗談だろう?これは人を殺すためのものではないのか?」「ゲーマーに暴力の一端を担わせようとしている」といった批判が上がっています。 『Sherlock Holmes The Awakened』は、同スタジオが2008年に発売した同名の作品をUnreal Engineでリメイクしたアクションアドベンチャー。ラヴクラフトが創造したクトゥルフ神話の世界を、シャーロック・ホームズが狂気と対峙しながら捜査します。 Kickstarterの目標金額はすでに達成しており、PC(Steam/Epic Gamesストア/GOG.com/Gamesplanet)/PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One/ニンテンドースイッチ向けに2023年発売予定です。Game*Spark kaiware[/MARKOVE]

記事元で全て読む

みんなの反応

[getswin use_title=”1″]
RSSゲーム情報
スポンサーリンク
ゲーナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました