『I Was a Teenage Exocolonist』配信開始。水彩画のような美しいビジュアルで異星のティーンエイジャーたちを描くタイムループ/カードバトルRPG

RSS

水彩画のような美しいビジュアルで異星のティーンエイジャーたちを描くタイムループ/カードバトルRPG『I Was a Teenage Exocolonist』配信開始(Game Spark)

[MARKOVE](写真:Game*Spark)パブリッシャーのFinjiは、Northway Gamesが開発するカードバトル式シミュレーションRPG『I Was a Teenage Exocolonist』の配信をSteamにて開始しました。現在サポートされている言語は英語のみで、日本語には対応していません。 【画像】キャラクターデザインも魅力的 本作は、太陽系外の惑星でティーンエイジャーとして生活するシミュレーションRPG。水彩画のような美しいグラフィックで描かれた「ヴァーチュムナ」が舞台で、冒険や恋愛をしながら成長し、プレイヤーの選択がコロニーの命運を左右します。 タイムループ要素があり、前世の記憶を使って800以上のストーリーイベントを探索できます。29種類ものエンディングが用意されているほか、犬耳人間、美人政治家などの10名のキャラクターとデートが可能とのことです。 『I Was a Teenage Exocolonist』は、PC向けにSteamにて2,570円で発売中です。Game*Spark kaiware[/MARKOVE]

記事元で全て読む

みんなの反応

[getswin use_title=”1″]

グラフィック綺麗〜

RSSゲーム情報
スポンサーリンク
ゲーナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました