東京国際映画祭は会場が拡大!コシノジュンコ作の新ポスターのビジュアルが公開。

RSS

第35回東京国際映画祭は会場拡大 コシノジュンコによる新ポスタービジュアル公開(映画.com)

[MARKOVE]コシノジュンコ氏によるポスタービジュアル 2022年10月24日~11月2日にリアル開催予定の第35回東京国際映画祭の会場、新ビジュアルが発表された。  昨年から会場が日比谷・有楽町・銀座エリアに移ったが、今年はより規模を拡大。10月24日のオープニングセレモニーは、初の会場となる東京宝塚劇場で行われるほか、クロージングセレモニーは東京国際フォーラム ホールC、上映劇場は昨年の角川シネマ有楽町、シネスイッチ銀座、ヒューマントラストシネマ有楽町、TOHOシネマズ シャンテ、有楽町よみうりホールに加え、TOHOシネマズ 日比谷(昨年はクロージングセレモニーのみ使用)、丸の内 TOEI、丸の内ピカデリーの大型劇場が加わる。  上映本数も拡大予定で、三井不動産、三菱地所といった日比谷・丸の内地区の有力企業ともより連携を深め、千代田区などの行政側とも協力体制を敷き、全銀座会等の地元団体とも様々なコラボレーションを図りながら、エリア展開も含めた街ぐるみの映画祭を目指す。新型コロナウイルスの感染状況次第ではあるが、今年は海外から多くのゲストを招へいする予定だ。  昨年に引き続き、今年もコシノジュンコ氏がポスターを手掛けた。「飛躍」をテーマに躍動感あふれるビジュアルが完成し、8月19日から各劇場で掲出される。 ▼コシノジュンコ氏コメント 映画祭はファッション、モードといったものと縁遠かった気がしますが、このビジュアルを見てもらうと映画祭に広がりができるかなと思います。ここから今年はちょっと面白いことになりそうな気がしています。今コロナで溜まった文化の爆発が起きていて、ファッションも映画もクリエイティブな爆発が楽しみです。[/MARKOVE]

記事元で全て読む

みんなの反応

[getswin use_title=”1″]

映画とモードの融合
かなりオシャレね

RSS映画
スポンサーリンク
ゲーナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました