中島健人がニノとの共演に「心から幸せ」。「ラーゲリより愛を込めて」の完成報告会見。

RSS

先輩・二宮和也との共演に「心から幸せ」、中島健人が「ラーゲリ」で人生初の丸刈りに(映画ナタリー)

[MARKOVE]「ラーゲリより愛を込めて」完成報告会見の様子。左から平野隆、桐谷健太、松坂桃李、二宮和也、北川景子、中島健人、安田顕、瀬々敬久。「ラーゲリより愛を込めて」の完成報告会見が本日8月17日に東京・帝国ホテルで行われ、キャストの二宮和也、北川景子、松坂桃李、中島健人(Sexy Zone)、桐谷健太、安田顕、監督を務めた瀬々敬久、プロデューサーの平野隆が登壇した。 【動画】「ラーゲリより愛を込めて」特別映像(他9件) 辺見じゅんによるノンフィクションをもとにした本作は、第2次世界大戦の終結後、60万人を超える日本人が拘留されたシベリアの強制収容所(ラーゲリ)を舞台にした物語。二宮が捕虜たちの一筋の希望の光となった山本幡男、北川が空襲の混乱で幡男と離ればなれになる妻の山本モジミを演じたほか、幡男とともに極限状況下のラーゲリを生き抜く捕虜の仲間たちに松坂、中島、桐谷、安田が扮している。 二宮は「まずは観ていただきたいという気持ちが本音。ここに立っている人だけでなく、収容所にいたメンバーも、それぞれの考えを持って、各々のベストパフォーマンスを出すために、コンディションを整えていた。そういう部分が伝わる映画だと思います」と期待を込めて話す。完成したばかりの映画を昨日観たという北川は「どんな状況でも人は懸命に生きることが大切。自分が思う人、自分を思ってくれる人、そういう人の愛が人間を突き動かして生かされる、と感じて。まだまだ余韻に浸っています。本当にいい作品です」と感想を吐露。ラーゲリで幡男から読み書きを教わる青年・新谷健雄を演じた中島は「尊敬している役者であり先輩でもある二宮くんのチームの一員になることができて心から幸せ」と喜びを明かしつつ「この歴史は僕たちの世代がちゃんと継承していかないといけないと感じてます。しっかりと責任感を持って映画に臨みました。愛を込めて、この作品のお話をしていきたい」と続けた。 撮影現場での印象的なエピソードを問われると、二宮はスタッフ・キャスト含め全員で雪かきをしたことを回想。ラーゲリの捕虜を演じるキャストはA、B、Cと3つのチームに分かれていたそうで「野球をする撮影の前日が大雪になるという予報が出ていて。朝、3つのチームが駆り出されて、雪をどかす仕事があったんですね。僕はそれがやりたくなくて、ぎりぎりまで部屋のはじっこでいないふりをしてました(笑)」と振り返る。桐谷は「俺もけっこうちゃんとやりましたよ」と話し、中島も「みんな『ニノ先輩どこかな?』って言ってました」と打ち明け、笑いを誘う。 二宮は「人が足りないから、というわけではなくて、みんなで一緒に芝居を作っていく。みんながみんな現場にずっといて、お芝居を見たり、何かに参加したり。印象的な現場でした」と明かす。桐谷も「収容所のみんなも本当に全力でやっていて、その日々を思い出すだけでも胸が熱くなる。そのエネルギーでできあがった作品」「本当に1人ひとりの顔が今も浮かぶぐらい仲良くなれて。大好きな人たちが一気にできた現場でした」と収容所のメンバーを演じたキャスト陣に思いを馳せた。 試写の直後は言葉にならないほどの感動を味わったという安田。「エンドロールの最後まで席を立たないでほしい」と強調しつつ、とある描写に触れ「あのカットでこの作品が締まる、いい終わり方。愛をテーマにした物語。あの最後に集約されていると思います」と話した。松坂は当初の予定では雪がないはずだったが、天気とスケジュールの都合で雪が積もったまま撮影した場面について言及。「それが逆によかった。お芝居としても感情が入りやすくなって。逆に天気が、映画の神様が味方をしてくれた気がしました。すごくいいシーン」と思い入れを語った。 中島は「人生で初めての丸刈り。プラス人生で初めてのふんどし。かなり寒い時期に川での撮影だったんですが、初めての瀬々組ですし、二宮大先輩もいるし、負けられないなと思って、待ち時間もロケジャン(コート)を着るのをやめたんです。ずっと裸で『俺は強いんだ』とアピールしてたんですけど、監督から『着ろ!』って怒られて」と苦笑い。さらに「目の前の二宮くんに『ロケジャン着てください』と言ったら、『後輩が寒がってるのに、俺がロケジャンを着ることはない』と。裏でもめちゃくちゃ映画スター。本当にかっこいい」と尊敬のまなざしを向ける。二宮は「素っ裸の人に『服を着てください』と言われて着れますか? 着れないですよね?」と訴え笑いを誘う。続けて中島は「二宮先輩は丸刈りの先駆者。その後継として同じヘアスタイルができたことは本当に光栄でした」と振り返った。 最後に二宮は「この映画はつらくて悲しくて寂しくて苦しくて、目を背けたくなるシーンがたくさんある。だからこそ、その中にある笑顔や涙が胸にくる。人間に大切なものを教えてくれる何かが、この映画にはあると思います。ぜひ劇場で確認してください」と呼びかけ、会見を締めくくった。 「ラーゲリより愛を込めて」は12月9日より全国ロードショー。YouTubeでは撮影現場でのインタビューも収めた特別映像が公開中だ。 (c)2022 映画「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会[/MARKOVE]

記事元で全て読む

みんなの反応

[getswin use_title=”1″]

私も丸刈にしようかしら
いや絶対できないわ

RSS映画
スポンサーリンク
ゲーナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました