「京都アニものづくりアワード2022」150超の作品がエントリー 内田真礼が「京まふ」にて表彰式に登壇

RSS

「京都アニものづくりアワード2022」150超のコラボ作品がエントリー 内田真礼が「京まふ」にて表彰式に登壇

[MARKOVE]「京都アニものづくりアワード2022」日本唯一のアニメ×異業種コラボ表彰イベント「京都アニものづくりアワード2022」のグランプリおよび入賞作が、2022年9月17日開催の「京都国際マンガ・アニメフェア2022(京まふ)」にて発表される。今年は、150を超えるコラボ作品がエントリーされており、昨年に続きスペシャルゲストとして声優・内田真礼が登壇することも発表となった。 【フォト】ペシャルゲストは昨年に引き続き、声優の内田真礼さん! 「京まふ」は、京都を中心とした関西圏におけるコンテンツ産業の市場拡大を目的に2012年からスタートしたマンガ・アニメ・ゲームイベントだ。 第11回目となる今回は、グッズ販売や作品展示を行う出展ブース、多くの声優が登壇するステージ、「京まふ2022」のために製作されたオフィシャルグッズの販売、コスプレエリア、マンガ・アニメ作品とのコラボ企画など、新たな10年の幕開けを充実した内容で盛り上げる。 一方の「アニものづくりアワード」は、劇場版アニメやTVアニメのヒットが続き、一般企業とアニメ・マンガ・キャラクターをマーケティングに活用するコラボ事例が増えている近年、アニメ業界と企業とをつなぐ懸け橋となり、優れた取り組みを顕彰するアワードとして2017年にスタート。 過去に4回の開催では、毎回優れた入賞作が選出されてきた。 5回目となる今回の「京都アニものづくりアワード2022」でエントリーされたのは、全国から集まった157作品。 「アニメーションCM部門」「コンテンツコラボ部門」「オリジナルコンテンツ部門」「クラフトデザイン部門」「テクノロジー・イノベーション部門」「インターナショナル部門」「地方創生部門」の7部門の各ノミネートは8月下旬に発表、そしてNFT特別賞、受賞作品、総合グランプリは9月17日の「京まふ2022」内の発表・授賞イベントにて発表に。 なお発表・授賞イベントには、昨年に引き続きスペシャルゲストとして声優・内田真礼、そしてゲストコメンテーターとしてアニメプロデューサー・福原慶匡が登壇する。 「京まふ2022」は、9月17日~18日にみやこめっせほかにて開催。 「京都アニものづくりアワード2022」発表・授賞イベントは、9月17日11時20分より会場内で行われる。 <各部門賞の発表の予定について> ノミネート作品発表:8月下旬を予定(HP、プレスリリース) 入賞作品・グランプリ発表 発表・授賞イベント:2022年9月17日11時20分から 於:「京都国際マンガ・アニメフェア2022」会場内 出演: スペシャルゲスト 内田真礼(声優) ゲスト 福原慶匡(アニメプロデューサー) 司会 三崎智子(アナウンサー) ※開催日時・場所は変更になる場合があります。アニメ!アニメ! CHiRO★[/MARKOVE]

記事元で全て読む

みんなの反応

[getswin use_title=”1″]
 

{コメント}

RSSアニメ
スポンサーリンク
ゲーナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました